LOVEのバナー
no1男性も女性も無料!
日頃のストレスを発散したい・もう一度恋がしたい・そういった熟女・人妻が多数登録しています。 中高年男性や、年上女性好き男性に人気のサイトです。近所で探してその日のうちに会うこも可能!
VIXYのバナー
no2目的がハッキリしているから早い!
はしたない奥様はHな関係を探している人妻、熟女が多数登録している出会い系サイトです 熟女との出会いは超濃厚エッチ!女性の口コミも独身時代より充実してますという声もありました。
愛カツのバナー
no3割り切った関係なら
熟女は意外と押しに弱いのです。ここの熟女会員はお願いすれば楽にやらせてくれます。
女性と即会い!互いに既婚者で時間が無く、車内でのセックス希望も叶えられた口コミで話題!

1ヶ月オナ禁してたからセフレとやるSEX気持ちよすぎww

私にはセックスフレンドがひとりいます。出会い系サイトで知り合った人で、名前はRちゃん。セックスに至るまでに、私の血の滲むような努力があったことは言うまでもありませんが、そのかいあって、今では会うたびにセックスをする仲になっています。

高校時代の初恋を引きずって苦節十年。いや、俺はどんな誘惑にも負けぬ、ビッグな男になって、故郷に待つあの子を迎えに行くのだ。片思いにも関わらずそんなことを妄想していた私のもとに届いた、一通のはがき。「結婚式のお知らせ」そこには私の思い人の名前が。

ふざけんなこんちくしょう!

一晩飲み明かし、せっかくの休日を二日酔いという最悪の状態で過ごした私の中に、めらめらと何かが燃え上がります。誰かを一途に思うだと?そんなものには意味がねぇ!せっかく田舎から東京出てきたんだ。俺も今日からシティボーイ、女の子口説きまくってぶいぶい言わせてやるぜぃ!
ですがそれには大きな問題がありました。

顔がでかい。
それと、顔がでかい。

私は鏡を見つめます。こんな顔のでかさでどうやって女を作るというのか。エラ削ってもらったほうがいいかもしれない。でも親にもらったこの体、傷つけるのはためらわれます。そこで私は身の丈にあった女性をセックスフレンドにしてやれと、出会い系サイトでちょっと不細工な子を狙ってメールをしていました。

そのときに知り合ったのがRちゃん。写真を見た感じでは、はんっ、たいしたことねーぜという感じだったのですが、実際会ってみると、なんだこれ、可愛い――私の最大の弱点は可愛い女の子であり、面と向かうだけで萎縮してしまうのですが、Rちゃんは間違いなく、私の苦手とするタイプの女性でした。

初めは、遊び仲間を探しているということで、ただ飲みに行くだけだったのですが、私がたまたま小説に詳しく、そしてRちゃんがライターの仕事をしているということで、話せば話すほど気の合うことがわかり、しかし男女としてはなんの進展もないまま、一ヶ月が過ぎました。

このままではいけぬ、私は、顔をすこしでもましにするべく、ダイエットに取り組み、見事成功。多少はましになった外見でRちゃんをデートに誘い、なんとかホテルに連れ込んで、結ばれることができました。

それ以来、今まで、会うたびにセックスをする仲になったのですが、どうしてでしょう、最近になって、急に私のペニスの反応が鈍くなってきたのです。時には舐められても反応しないことさえあります。

最初こそRちゃんも「大丈夫だよ」「疲れてるんじゃない」と優しく接してくれましたが、体を重ねるたび、文字通り体を重ねあうだけの関係が続く中、徐々に私を見る目つきが変わっていき、最終的には私にインポテンツという病理について知れる本を手渡して、音信不通になりました。

そのショックたるや、筆舌に尽くしがたいものがあります。せっかく、苦労してつくったセフレです。Rちゃんのような可愛い子が私の相手をしてくれているというだけで、それはもう奇跡なのです。

またしても壁にぶつかっちゃった可哀想な私。
その状況を打破すべく、私はオナ禁に乗り出しました。

オナ禁ってのは、読んで字のごとく、オナニーを禁止し、その生活を続けるというもので、一説によれば心因的インポテンツに効果があるとされています。私は目標を一ヶ月と設定しました。そのときには、オナニーをするにも、すぐに萎んでしまうような、まったく情けない状態だったので、それくらいの休養期間が必要と判断したのです。

誘惑は多い。
インターネットを開いているだけで、無数の美女が私の意志に揺さぶりをかけてきます。おちんちんに元気がないとはいっても、射精する寸前は硬くなるので、オナニーができないわけではないのです。

それに、なんですかあの、エッチなネトゲの広告は!
しちゃうでしょ、あんなんオナニーしちゃうでしょ!

私はその二次元の美女をじっとにらみ、思わず右手が股間に伸びそうになるのをぐっとこらえ、強制ギプスの購入を真剣に検討し、却下し、我慢を続け、そしてとうとう、オナ禁一ヶ月を成し遂げたのです!

どうでしょう、この、勃起具合。
見せてあげられないのが残念です。

特筆すべきは感度ですね。ちょっとした刺激にもすぐにびんびんになってしまうくらいで、一ヶ月前とは明らかに違います。私は早速Rちゃんに連絡を取りました。

「ほんとマジあと一回でいいから会って!マジ頼む!プリーズ、ギブミーアチャンス!」

実際はもっとまじめなメールですが、私の気持ちはこんなふうに燃えたぎっています。そうすると、「大丈夫なの?」との返信が。

よっしゃ来たあ!

私はすかさず、予定の空いている日を訊ねました。すると「週末なら」との回答が。特に趣味もなく、彼女もいない私です、週末なんて空いていないわけがないでしょうが。予定をとりつけた私は、正座をし、エセ座禅をします。

一ヶ月ぶりのセックスは、どんなに気持ちいいだろうか?

さて、約束当日、もうRちゃんを見ただけで性欲の爆発寸前だった私は、すぐにホテルに連れて行きました。そして押し倒します。キスをして、胸を揉んで、脚をさすります。そして久々に聞く喘ぎ声超かわいい。なんだこれ。そして私の息子も痛いくらいに元気。なんだこれ。

「今日、なんかちょっと違うね」とRちゃんは口の端を手の甲でぬぐいながら言いました。「今日私、安全日だよ」
中出しOKということですが、これは今日が特別というわけではなく、月に一度か二度はあったイベントです。しかしこちらは一ヶ月にもわたる、涙と我慢汁の滲むような修行を今しがた終えてきた身であります。そんなもの興奮しないわけがないでしょうが。

私はRちゃんの下着だけを取り去って、胸のやわらかさを堪能し、赤ちゃんになったような気分を味わい、すでに熱くなっているRちゃんの大事な部分に舌を走らせます。

もうエロいことしか考えられない。
私はもしかしたら馬鹿になってしまったのかもしれぬ。

いいえ、馬鹿なのです。でもなんだって構わない。目の前に好きにしていいというオナゴ、据え膳食わぬはなんとやら、私は野獣のようにRちゃんの体をむさぼり、フェラチオをしてもらうでもなく、そのままかちかちになったペニスを彼女の中に挿しいれました。

その温かさ、しめりけ、締め付けが、以前よりもはっきりとペニスに伝わってきます。これだ、これなのだ。私は腰を振りながら、猛烈な快感に歓喜しておりました。あんあんとRちゃんは喘いでいます。私は彼女の乳をわしづかみにし、時折その腰に手をやって感触を楽しみながら、Rちゃんをソファに追い詰めて犯しているような格好で、ピストン運動を続けました。

そして、十分も経っていないでしょう、ついに耐え切れなくなって、そのまま中にぶちまけたのです。ペニスがドクドクと脈打ち、液体を外に送り出しているのがはっきりとわかります。おしっこが漏れてしまいそうになるような、強烈な快感です。

「熱いよぅ!」とRちゃんは叫びます。

射精は今までにないくらい長く、精液の量は、私がペニスを抜いたそばから溢れ出てくるくらいです。あれほど気持ちのいいセックスはありませんでしたね。

その後、三回くらいセックスして、出し切って、ベッドに仰向けに寝転がっていると、Rちゃんは私の腕に腕を絡ませて、囁きます。

「ねぇ、また会ってくれる?」
「もちろん」
「でも、また元気なくなっちゃったら」
「大丈夫、オナ禁すれば。ほら、人ってさ、疲れてると、頭も働かないし、やる気も出ないじゃん。ちんちんも同じなんじゃないかな。別の生き物っていうし」

と、なんだか綺麗にまとまったような、まとまっていないような、そんな感じでその日は終わりました。

結局のところ、私のペニスは少々疲れていたというだけだったようです。セックスやオナニーの回数に気をつけだすと、問題が起こることはなくなりました。

Rちゃんとの関係はその後も続いています。最近太ってきた、と彼女が嘆いていたので、一緒にジムに行って、ダイエットに付き合うつもりです。いつかRちゃんと恋人になれたらいいな、なんて思ったりもしますが、彼女のほうの気持ちがわかりません。
そこんとこどうなんです、Rちゃん?